わんわんラグーナ.フラワーラグーン

5月27日(土).28日(日)
わんわんラグーナ.フラワーラグーン
予約先電話番号 052-822-9681
一応30分枠ごとに撮影予約となります
当日の撮影状況により予約のお時間より少々お待ち頂いたり
予定より早く撮影開始になる場合もございます。
予約優先になりますので、
ご予約無しの場合、
最大2時間程度お待ちいただく可能性がございます。

通常のスタジオ撮影より短時間で撮影することで
普段よりお気軽お値打ちにお試しいただけます。

撮影料
1ポーズ撮影 2Lプリント1枚  1500円
3ポーズ    2Lプリント3枚  3000円
         (見開き2枚用台紙付き.数量限定)
オプション
データ(フルオリジナル)1カット 1000円+SDカード1000円  
L版プリント             1000円
キーホルダー            1000円
全データ              10000円(SDカード代込み)

多頭飼いのお客様、ファミリー撮影希望のお客様は撮影料が変わります
別途ご相談下さい。 

ED9I4865.jpg
ED9I3141.jpg
ED9I2872.jpg
スタジオドッグランHP
http://www.studio-dogrun.com
facebookページ
https://www.facebook.com/studiodogrun
インスタグラム
https://instagram.com/studiodogrun
ツイッター
http://twitter.com/studiodogrun
ユーチューブ動画
https://www.youtube.com/user/studiodogrun
  1. 2017/05/27(土) 10:27:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ラグーナで撮った写真

前回の、わんわんラグーナで撮った写真
インスタにアップしてます♪

https://www.instagram.com/studiodogrun/

ED9I4644.jpg
ED9I3542.jpg
ED9I3336.jpg
  1. 2017/05/26(金) 10:45:06|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ご来店20回記念

本日ご来店20回記念ルイくんミルクちゃんココくん
あいちゃん.あむちゃんおめでとうございます!
今回は代表でココくん室内ドッグランで遊ぶ途中で撮影
L版サイズ台紙入りお写真プレゼントいたしました。

ED9I96951.jpg
スタジオドッグランHP
http://www.studio-dogrun.com
facebookページ
https://www.facebook.com/studiodogrun
インスタグラム
https://instagram.com/studiodogrun
ツイッター
http://twitter.com/studiodogrun
ユーチューブ動画
https://www.youtube.com/user/studiodogrun
  1. 2017/05/25(木) 18:35:51|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

新メニュー


明太子のクリームパスタ
お試しあれ!

ED9I9045.jpg
  1. 2017/05/22(月) 23:27:48|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

【余剰犬猫問題-水槽モデル】

奥田 順之先生がわかりやすく上げておられましたので引用したいと思います。
---------------------------------------
【余剰犬猫問題-水槽モデル】

余剰犬猫問題は、上の段の蛇口(入口/余剰犬猫の発生)と下の段の蛇口(出口/余剰犬猫の処遇)の
2つの問題から成り立っています。

いわゆる『殺処分ゼロ』は、殺処分の蛇口を閉めて、保護施設等での飼育と、
家庭へ譲渡の蛇口を開くことを指していると思われますが、家庭へ譲渡できない犬猫もいるため、
必然的に保護施設等での飼育が増える結果となります。
図の水風船=保護施設を支えているのはボランティアさんたちなので、
現状でもいっぱいいっぱいまでゴムが伸びていますが、場合によっては破裂してしまう恐れもあります。

さて、これまでは、下の段の蛇口に対して取り組む活動が多かったと思います。
その結果、多くの地域で殺処分ゼロが実現しました。

今、取り組むべき蛇口はどこでしょうか?

やはりそれは上の段の蛇口です。

野外の繁殖の蛇口は、行政による犬の捕獲やTNRの活動により、かなり閉まってきています。
まだ野外犬猫の多い地域では、避妊去勢を如何に行っていくか、必要に応じて捕獲していくことも必要でしょう。

一般家庭の蛇口は、問題行動の予防と、高齢の飼い主の飼育困難を如何にサポートするかが重要です。
飼い主の意識が変わっていくこと、社会的に高齢の飼い主をサポートする仕組み作りが必要です。

ペット産業の蛇口は、先天性疾患等を予防せず繁殖をしてたり、繁殖引退犬猫を適切に譲渡できない場合に
余剰犬猫が発生します。これの対策のためには、ペット産業の社会的責任の推進が急務。
課題に先進的に取り組む優良な事業者が積極的に情報公開を行うことで、消費者から選ばれる存在となり、
劣悪な事業者は市場から退場せざるを得ないような状況を如何に作るか。そのためには、
動物愛護団体などのNPO側もペット関連企業を評価する制度等の形で、ペット産業の監査役として参画が必要でしょう。

上の蛇口を如何に閉めていくかが、余剰犬猫問題のこれからの課題です。
----------------------------------------------
以上
18527299_1333332146743407_7163555391003795219_o.jpg

  1. 2017/05/21(日) 22:02:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
次のページ